apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

Googleに気をつけろ

 Google本が多くなり、ウェブ進化論が売れて、「Google礼讃」とか「Googleの何が凄いのか」とか、色々と言われているが、僕も2年前にそんなことを書いていた。
 id:ain_ed:20040318の記事だが、以下、その文章の引用。

googleサーチエンジンを使って調べ物をすれば、リンク数やアクセス数で上位に位置するページをランキング形式で表示してくれる。googleポータルサイトとして使っているユーザーが前述の様に過半数を閉めれば結果として消費されるHPも限定されたものになってくるだろう。例えば何か新しい現象に対しての定義を知りたくてgoogle検索をかけた場合、もしかしたら情報操作された定義が一般化する危険性もある。こういった問題はこれから顕著になってくるのではないだろうか。

 ウェブ進化論によれば、Googleの理念は世界の再編らしいが、何を基準にするのか、誰がそれを選ぶのか。技術がどれだけ凄くても、それを批判するものがなければ、それは再編ではなく、独裁になる。