読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

僕の夏休み09'

 8月12日〜16日の5日間、会社の夏休みだった。別段予定は詰めなかったものの、何だかんだで忙しい日々となった。

  • 1st Day:8月12日(水)

 子どもたちを保育園に送り(平日は通常保育)、夫婦それぞれ部屋の掃除を始める。奥さんは主にキッチンを。僕は自分の部屋と、PC周りを。溜まりに溜まっていたデータを整理し、本棚に照明を付ける。午後はショッピング。あっという間に子どもたちのお迎え時間となり、終了。

  • 2nd Day:8月13日(木)

 子どもたちを送った後、ボーリングへ。本当は映画にでも行こうか、という話しをしていたのだが、映画館にまで行って見るべきものが見当たらなかった(個人的にはエヴァを推したが…)。というわけで、夫婦間では初めてとなる、ボーリングへ。僕は5、6年前にイタリアで行ったきりのプレイである。5ゲームやった結果は、僕のアベレージ140、奥さん120。最高得点が僕180、奥さん145であった。お互い結婚してからは一度もやっていないので、数年ぶりにしては優秀な数字かと思う。その後はショッピングをし、久しぶりにデートっぽい時間を過ごす(次女はもちろん一緒である)。

  • 3rd Day:8月14日(金)

 夕方に会社の同僚?とスタッフが3人ほど訪れる予定なので、保育園後、家の掃除を始める。奥さんは料理の下ごしらえ。僕は普段掃除できなかった部分を念入りに掃除。午後はショッピングである。お目当てはiPhone。欲しくなったのは前日のことだったが、在庫がない中探し出して購入した。レビューは別途。
 18:00過ぎに同僚とスタッフが到着。3人中、2人がPCを抱えてきた。5割が新生児、5割がPCの修理という目的である。夕食にリゾットとカルボナーラを作るが、カルボナーラのパスタ量を間違え失敗する。味が薄かったので、出された側には良い迷惑である。一緒に塩を出すべきだったかもしれない。
 PCの症状はBIOSから先に進まない場合と、全く起動しない場合があり、どちらにしてもOSまで辿り付けない状態だった。ハード的要因である。中を開くとCPUファンにホコリが溜まっていたので取り除く。省スペースデスクトップタイプなので、どうやら風の流れが悪い様子。また各デバイスの接触部にもホコリと変色が見られ、接触にも問題がありそうだった。とりあえず掃除をし、各コネクタを入れ直す。またメモリーもしっかりと押し込み、起動。
 果たして、問題なく起動し、そのまま持ち帰って頂いた。本人が家に持ち帰った後は、向きによって起動したりしなかったりがあるということで、接触と風の流れ、それとHDDの交換を入れる必要性が今後あるかもしれない。
 もう一つのPCはMacBookである。こちらは設定だったりソフトだったり。半分は要望通りになったが、半分は僕にBootCampの経験がないので不完全な対応しかできなかった。時間が必要である。

  • 4th Day:8月15日(土)

 終戦記念日である。週末となり、子どもたちの保育園はない。朝から僕の祖父母の家に向かう。目的は近場で行われる花火大会である。が、家を出て、最初の交差点でお巡りさん(原付)に止められる。「あ、あそこ右折禁止なんだよね、ご存じでした?」「知りませんでした」というわけで、反則金7,000円である。「ゴールドだよね?なら後3ヵ月何もなければゴールド取り消しにはならないから」とまた、彼は定位置に戻って行った。事件や交通違反が起こってから対処する警察官より、それらを未然に防ぐ警察官になって欲しいものである。
 湾岸線に出るまで断続的な渋滞。川崎に着いたのはお昼を過ぎてからだった。昼食を食べ、昼間からアルコールを飲む。15:00位には恐ろしい睡魔に襲われたので、「ちょっとラゾーナに」と出かける。かなりの賑わいではあったが、iPhoneのカバーを買ったり、ユニクロGDCシャツを買ったり。
 花火に一緒に行く予定の幼なじみに連絡を取っていると、後ろから声をかけられる。流石地元、と思ったら、もう1人の幼なじみである。何という偶然。地元ではあるが、全員実際の住居は全く違うのである。「実家に用事があってさ」と、立ち話が始まる。彼には少し前に2人目が産まれ、新居も構えていたが、会える機会が全くなかった。残念ながら花火大会には行かないということなので、新居にお邪魔するということでお別れした。奥さん同士は連絡先を交換していたので、知らぬ間に話しが進みそうである。
 一度祖父母の家に戻り、軽い夕食。もう1人の幼なじみと待ち合わせをする。「通風が痛くて」と自転車を押しながら登場した幼なじみ。米国住まいで、各国を飛び回っている。今回は日本でのビジネスということで、若干の余裕がありそうだ。「通風の薬をさ、向こうにおいて来ちゃって、おまけにこっちに保険証がないからさ、どうにもならんね」としんどそうではあるが、残念ながら僕には通風の痛みはわからない。どんな痛みなのだろうか。
 花火は相変わらず盛大である。目と鼻の先に大玉が打ち上がる。埼玉でも花火は見られるが、落ち着いて見られる花火大会はあまりないという理由から、わざわざ川崎にまで出向き、長女が産まれた時以外はほぼ参加している行事なのである。最後のヤナギは毎年の楽しみである。
 その後、幼なじみを含め、祖父母の家でスイカを食べる。「で、米国に行って何年?」「7年位です」「どれくらいの付き合いだったか?」「小中と塾と一緒でした」「で、米国に行って何年て言ったっけ?」「…7年位です」という、どっかのホーム的な会話をしている僕の祖父と幼なじみを横目に楽しむ。
 帰路は案外と渋滞なく帰れる。

  • Last Day:8月16日(日)

 最終日ということで家でゆっくりと過ごす。またPCのデータ整理を行い、iPhoneMacの連携を行う。

 そんな感じであっという間に過ぎた夏休み。一般的には9月にも5連休があって、10月も連休があって、11月にも連休があって、12月にはもう年末休暇って流れだけれども、僕の会社は連休がない。9月の5連休も、9月20日と21日しか休みがない。10月12日は出社で、10月31日も11月3日も出社である。12月28日まで仕事で、仕事はそこまで詰まってないのに、なぜか休みのない会社なのである。
 というわけで、次の大型連休は年末・年始休暇までないのである。