読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

結婚5年目

雑記

 3月11日で、僕らも結婚5年目を迎えた。id:KEN_NAITOは32周年である。勢いあまって、バースデーメールを12:00前に送りつけてやったが、つっこみは無かった。違うモノをつっこんでいたのかもしれない。さすがはいやらし系である。
 結婚生活4年間を振り返ってみると、順調に家族が増えている。長男がもうじき4才、長女も3才、そして次女が1才となる。僕は32才で、小学校卒業から20年過ぎ去ってしまった。最近になって幼なじみとの交流が頻繁にはなったけれど、実際の所あまり思い出話しをする訳ではない。そこら辺が未だに仲が良い由縁なのだろう。
 さて結婚生活である。先日訪れたid:laquilaが「子育てって大変だな」と漏らしていたが、確かに子育ては大変ではある。その9割方を奥さんが担っていて、僕はその1割負担でもできていれば良い方である。「子供が4人もいて大変だな」と奥さんに言っていた。うちは大人2人、子供3人なので、数が合わない話しなのである。
 子育ての大変な部分のほぼ全てを奥さんが担っている。僕は子育ての良い所ばかり。子供3人を連れて買い物に行き、子供3人にご飯を食べさせ、子供3人をお風呂に入れ、子供3人を寝かしつけている。おまけに朝は僕のお弁当と、ジュニアのお弁当まで用意している。もちろんいわゆる主婦業も手抜かりなく、冷凍食品など一切見かけない。餃子の皮から全て手作りをする奥さんである。まぁ、何というか多分完璧なんだと思う。
 ここ最近僕は朝しか子供に会えていない。帰宅する頃にはぐっすりで、うっかり起きてしまって夜泣きした時くらいにしか顔を会わさない日々が続いている。週末になると若干「あんた誰?なんで朝からいるの?」的な顔を、一番下のちびちびジュニアにされることがあるが、日本人が家庭を顧みないと言われる由縁が分かった気がした。
 今年はまた色々と大きな動きがありそうである。奥さんが学生になる、というのが一番なのだが、3人全員が保育園に入る、というのもまた一代イベントではある。それぞれが親の手を離れてどう成長していくのか、今までは日々その成長を奥さんからでも間接的に聞いていた部分が抜けるのは、大きな動きになる。
 親離れ・子離れの1年になりそうな感じである。ただ、親2人は子供から離れる分、色々と自分たちの時間ができそうなので、やっと新婚気分を味わえるのではないか、とワクテカしているのである。僕だけかもしれないが。