読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

ここは埼玉です

 まず、地震津波によって被害に遭われた方、亡くなられた方、心からご冥福をお祈りします。避難されている方、少ない物資の中、本当にみなさんの協力でなんとか凌いでいる状態だと思います。何もできずにいますが、一刻も早い復興を心から願っています。

 毎日報道で明らかになっていく被害。被災地の方のメッセージ、本当は私たちがエールを送らなくてはならないのに、逆にエールを送られている気がします。みなさん「私たちはなんとか元気にやっています」と。本当に頭が下がる思いです。そんなこと感じているのは私だけではないはず。
 そう思っていますが、ここさいたま市ではスーパーに物がありません。それどころか、奪い合う様。本当にたまたま食料がない方もいるはずです。本当にガス欠の方もいるはずです。本当にティッシュがない方がいるはずです。なぜ「自分」だけなのでしょうか?週末にしか車を出さない方、週末まで待ってガソリン補給して下さい。物資を配送しなくてはならないトラックのガスが足りません。ここは埼玉です、被害もないのにどこへ逃げるつもりですか?
 明日の子ども達のお弁当の材料がないのでスーパーに行きました。開店前に到着したのですが、中高年の行列。車が通る道路に並んでいたので、私はベビーカーに子ども二人で危ないので、列から外れて待っていました。オープンすると共に、我先に店内に入るおじさん・おばさん。私は列が全て入ってから店内に。納豆売り場の近くにはおばさんが納豆の奪い合い。カートで通路をふさぎ、買い物カゴで子どもの頭をぶつけ、「ほら、二つとったから!」といらない譲り合い。私は「子どもがいるんですけど!カゴ!!!」を激怒。でもおばさんは自分のことだとは思っていない。ムシ無視シカト。納豆、そんなに食べたいですか?毎日そんなに欲していますか?よく割引シールが貼られている納豆見ますけど。おかしいですね。そんなに納豆納豆なら割引シールなんて貼らないはず。子どもを突き飛ばしてまで納豆ほしいですか?そしてあれだけ立って並べるのになぜカートを使うのですか?店内が混んでいるのは一目瞭然でしょう。邪魔なんだよ。カゴ持てないなら持って帰れないでしょう。
本当に怒りでいっぱいです。おじさん、おばさん、少しは考えましょうよ。最近の若い者は・・・、って言える立場ではないですよ。私たちから見たら恥です。小さい子どもに譲れないなんて日本だけでしょう。理性を失って食料を蓄えなくてはいけない状況じゃないでしょう。被災地の人のことを考えたら恥ずかしいです。
そんな怒り狂ってる帰り道、1人のおばさんが「たいへんでしょう?3人もいて。買いたい物も買えないでしょう?これ、買えたからどうぞ」とお一人様2点までの菓子パンを2つ子ども達にくれました。その気持ち、本当に涙が出るほど嬉しかったです。こんなおばさんもいるんだなって。素敵です。余裕が感じられました。私も怒りを抑えて、冷静になろうと思いました。