読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

iPhone 3GS Softbank → iPhone 4S Softbank

 2年以上利用したiPhone 3GSからiPhone 4Sへ機種変更。キャリアは変わらずSoftbankである。色はホワイトで変わらずだが、ストレージを16GBから32GBへ変更。予約をしたのは10月9日(日)の午後だった。電話があったのは発売から次の日の10月15日の22時を過ぎてからだった。サーバが落ちるなんてサービス事業者としては一番の恐怖である。登録が遅れているのはおおまかに言えばサーバが不安定だから、だろうが対策としては各店登録制限をしている、ということだろう。
 明けて10月16日(日)の午後一でSoftbankショップに向かう。整理券の順番は一番目だった。ちまたでの騒ぎ様が嘘かと思える程店内は閑散としていて、すぐに呼ばれる。契約についての再確認と、今回の登録についての注意事項を聞く。要するにサーバが不安定で、開通するのは16日の夜、ないしは17日の朝、という説明だった。その時の話の内容で、登録自体がヒューマン依存で、ヒューマンが介在(操作)する時間しか登録ができない、という説明の仕方であった(もちろん言及はしていないが)。インフラかサーバか、時限設定ができないとなるとインフラにも問題がありそうな気がした(そもそも店舗側でしか時限設定ができない?)。
 さて帰宅して3GSを使っていても一向に移行する気配がない。面倒くさくなって4GSをいじる。機内モードがやはり効果的らしく、復帰後すぐにSoftbankラインを拾ってくれた。気がつけば3GSは圏外となっていて、めでたくiPhone 4Sが開通するにいたる。
 1日使った感想としては、とにかくストレスが少ない端末である。例えば今まで音楽を聴きながらニュースアプリでツイートという流れであったが、フリック入力が遅れいつもイライラしていた。また酷いときは音楽が飛んでいた。iPhone 4Sメモリが512MBでも問題なく、流石はA5である(電源確保モードの時だけ周波数を上げてくれるとなお良いのに)。3GSの方が良かったんでは?と思える部分はやはりインダストリアルデザインである。直線が多いためポケットに入れづらいのである(製品としてはかなりのコスト削減なのだろうが)。
 iOS5として見るとiCloudは若干未完成な気がする。設定からの操作ではなく、アプリとして使えれば良い気がする。またLion・Vista以上ということで残念ながらどれもOSレベルでは対応していない。近日対応予定である。
 移行時の注意点として、3GSは先にiOS5にアップデートするべきである。これは回線が移行し次第、復元機能が使えなくなるという話から。それと4Sに移行した際のバックアップからの復元に違和感がなかったから、という理由である。要するにソフト環境は揃え、そっくりハードだけ入れ替えましょうということである(両方いっぺんは難しいですよね、と)。ちなみにiTunesでの基本同期の早さは4Sの方が早かったが、音楽ファイルの移行にはUSB2.0ボトルネックになってそれぞれ同時間を要した。
 ちなみに会社支給でiPad1 3G→iPad2 3Gと利用しているため、劇的なスピードアップ感というのはなかった。iPad2の完成度はかなり高いな、というのが感想でもある。ただしキーボードをガチャガチャ打つ僕は、タッチキーボードにいつまで経っても慣れないのである(なのでViewer的な使い方が多く、テキスト基本の時はノートPCを使う)。
 周囲はauへの乗り換えが目立っておりSoftbankでの機種変更がメジャーというわけではない様である。ちなみにauiPhone 5が出たときの乗り換えキャリアとして今回は温存してみたが、個人的にauがらみは良い記憶がないのでできる限り乗り換えたくないのである。
 市場的には、今更スマートフォンに乗り換えますか?どうしますか?的な記事を見かけるが、少し前にPCを一家に一台購入する日が来ますか?もっと言うと一家に一台電話を設置しますか?的な、消費的な記事にしか見えないのである。もっと言えば市場として製品開発・キャリア側が今後もガラケー自体にリソースをあてると想定し、マーケットを鑑みた上で【あえて】ですよね?と皮肉が言える内容である。