apoPTOSIS:mod.HB

最近は写真日記。

のどちんこの横に白いできものができたら注意

 発端は先週の月曜日の夜だった。数日のどの違和感が気になっていたので、鏡で扁桃腺を見てみたら白いできものができていた。次の日、会社でその話をすると1人のスタッフから「それ、やばいよ。ガンだよ。」と言われる。脅されたので調べてみると確かに悪性腫瘍の危険性が挙げられていた。早速仕事を抜け出し、職場近くの耳鼻咽喉科に行ってみる。耳鼻科に行くのは多分小学生の時以来である。
 午前11:00過ぎということもあり、待合室はがらりとしていて、すぐに僕の名前が呼ばれた。待ち受ける医者は平野レミによく似た中年女性で、しゃべりもはきはきとしていた。「はい、じゃ、お口見ますから。お口開けてみましょう。はい、大きく」言われたとおりに口を開ける。「ああ、あったあった。これですね。はい。じゃ、一応、お耳とお鼻も」と久しぶりに耳の中と鼻の中を診察される。
 実は白いできもの以外に、左耳の音割れが気になっていたので事前に話をしてみた。「耳、うーん。綺麗ですね。何も問題ないですよ?気になります?」何でも無かったようだ。「それで、のどなんですけれど、それ扁桃炎ですね。扁桃腺というのが人間ののどにありまして」とのどの絵を描いて、白いものがカスとかゴミの集まりだと教えてくれる。「邪魔なんで、取りましょうね」と吸引器を取り出して、また口を開ける。一発目から嘔吐いて、うぉえっと声が出る。「はい、もう一回」次は金属の棒を取り出して直に取ろうとする。おおぅおぇっと思いっきり嘔吐いて涙が出た。「あら、泣かされちゃいましたね」と中年の看護士さんに茶化される。「取れなかったですけれど、まぁ、その内勝手に取れますから大丈夫です」と言って診察は終わった。もらった薬はイソジンのみである。結局何事もなかったかの様に職場に帰って、イソジンも家の洗面所に飾っておいた。
 悲劇はその次の日に起きた。夕方くらいから体が熱くなり始めた。「暑くない?」とスタッフに確認すると、「ええ、暑いですね」という反応だったので、自分だけではないと思っていたが、帰宅してみると、発熱しているのは自分だった。その時点での熱は38度前後。まぁ大丈夫だろうと、そのまま就寝すると、次の日の朝は最悪な状態に陥った。
 曜日は木曜日。商品の納品日であるため、風潮的には社員は這ってでも出てこいという、会社にとっては大切な日である。熱を計ると39度。朝から39度。じゃあ、午後は何度。となって、すぐに会社に電話して「無理」と伝え休む。とりあえず市販の薬を飲んで様子を見るが全く効果がなく、午後には内科へ。「熱と頭痛。吐き気と下痢はなし、と。他に症状は?」どうやら原因がわからないらしい。とりあえず検尿を、とカップを渡される。悪寒にふるえながら検尿をし、また診察に戻ると「うーん。肝臓かなぁ」と頭を悩ませている医者。検尿の数字だと肝臓が反応しているらしい。「次は採血を」血を3本抜かれる。結局抗生剤と、解熱剤を処方され、帰宅。
 帰ってから熱を計ると39.5度。薬の効果はあまり期待できなかったが、次の日の朝には38.5度に下がっていた。しっかりと食事をして、薬を飲み、少しずつ熱が下がる。食欲は問題なくあるのである。熱と頭痛、それと関節痛が兎に角酷かった。病院に電話し、先日の採血の検査の確認をすると「炎症はそれほどでもないが、熱が下がらない様であれば大きな病院を」と言われる。とりあえず寝ておこうと思った。
 そのまま順調に熱は下がり、次の日の朝には37度前後まで下がった。内科にもう一度訪れ話を聞くが、「原因は全くわからないんですけれど、熱が下がって良かったです」と採血の確認をする。「全体的にアンバランスなんですよね。数字が。凄い悪いわけでも、凄いおかしいわけでもないんです。部分的に見ると気になるところはあるんですけれど」そしてまた抗生剤を処方されたのだが「また熱が出る様でしたら、耳鼻咽喉科に行ってもう一意確認してください」と言われる。
 帰宅すると体が熱かった。熱を計ると38度近く、気分が滅入る。薬を飲んでおとなしく寝ると、次の日は大分体が楽になっていた。但しのどの腫れが以上で、切れているんじゃないのかという位にヒリヒリした。そこで役だったのが耳鼻咽喉科でもらったイソジンである。後でネットで調べてわかったのだが、今回の症状は急性扁桃炎そのものらしい。39〜40度の熱、頭痛、関節痛。全てが当てはまるのだ。ちなみに平野レミ似の医者は「慢性の扁桃炎」と診断していたが、こんな状態が慢性になったら困りものである。